「兄弟姉妹が相続人であって、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(いわゆる半血の兄弟姉妹)と父母の双方を同じくする兄弟姉妹(いわゆる全血の兄弟姉妹)がいる場合、法定相相続情報一覧図にはどのように記載すべきでしょうか」に回答しました。

兄弟姉妹が相続人であって、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(いわゆる半血の兄弟姉妹)と父母の双方を同じくする兄弟姉妹(いわゆる全血の兄弟姉妹)がいる場合、法定相相続情報一覧図にはどのように記載すべきでしょうか

 続柄は、単に「姉」や「妹」と記載します。具体的な法定相続情報の記載方法ですが、図形式で法定相続情報一覧図を作成する場合には次の図(法務省HPから引用)のように記載します。


 なお、被相続人と相続人を単に列挙するいわゆる列挙形式の場合(下図。法務省HPから引用)には、その別を記載することができませんので、法定相続分を確認する必要がある場合には、相続手続きをおこなう金融機関等から別途戸籍を提出するよう求められると考えられます。


(文責 酒井俊季)

投稿者プロフィール

酒井俊季
酒井俊季
司法書士酒井章二事務所(静岡県袋井市旭町二丁目4番地の22)。当事務所には3人の司法書士がおり、遠州三山ほどの歴史があるわけではないですが、 あらゆる相談に丁寧かつ迅速に対応し、魅力溢れる事務所になるよう日々奮闘中でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)