法定相続情報FAQの「直系尊属又は兄弟姉妹が相続人の場合で、被相続人の死亡以前に死亡した子がいるときは、その子の氏名、生年月日、被相続人との続柄及び死亡の年月日を記載した方がよいでしょうか」の回答を修正しました。

法定相続情報FAQの「直系尊属又は兄弟姉妹が相続人の場合で、被相続人の死亡以前に死亡した子がいるときは、その子の氏名、生年月日、被相続人との続柄及び死亡の年月日を記載した方がよいでしょうか」の回答を次のように修正しました。

 記載する必要はありません。

 法定相続情報一覧図は、被相続人が死亡した時点の相続人が誰であるかを証明するものです。被相続人に子がいない場合は配偶者と直系尊属、直系尊属が死亡している場合は配偶者と兄弟姉妹が法定相続人になるので、被相続人の死亡以前に死亡した子を記載する必要はありません。  

 従来の、いわゆる相続関係説明図では、被相続人の死亡以前に死亡した子を記載することにより、直系尊属や兄弟姉妹が相続人となった理由も読み解くことができましたが、法定相続情報一覧図は相続人が誰であるかを端的に証明するものであるため、被相続人の死亡以前に死亡した子を記載することは不要です。

注)
 被相続人の死亡以前に子が死亡していたことにより直系尊属や兄弟姉妹が相続人となった場合、死亡した子を記載することができるかどうか明かではありませんでしたが、法定相続情報一覧図は被相続人が死亡した時点の相続人が誰であるかを証明するものであることから、死亡した子は法定相続情報証明の制度上、一覧図に記載すべきではないという考え方が実務上明らかになってきました。従前は、回答の中で、死亡した子も任意的に記載することができるのではないかという考え方を示していましたので、これを修正しました。 

投稿者プロフィール

佐藤麻妃
佐藤麻妃
司法書士法人つなぐ島田事務所(島田市本通四丁目2番の3)。 静岡雙葉中学、同高校、早稲田大学法学部卒業。趣味は、なんちゃってランナー。焼津みなとマラソン、しまだ大井川マラソンだけは絶対出走してます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です