法定相続情報一覧図の写しは遺言検認申立てに使えるでしょうか (続)

 7月5日、遺言検認申立に法定相続情報証明を添付した旨を投稿しました。その後、裁判所から何も言ってこないので、取扱いについて書記官に聞いてみました。
 すると、「法定相続情報証明に必要な情報は記載されているのでこのまま進める方向で動いている。ただし、法定相続情報証明には本籍の記載がないので申立書に記載された本籍のチェックのしようがないという問題がある。場合によっては裁判官から戸籍を提出するようにという指示がある場合も考えられる」ということでした。
 なお、一般論として、遺産分割調停の申立については身分事項をいろいろと確認する必要があるので原則どおり戸籍を提出してもらうことを考えているとのことでした。

投稿者プロフィール

古橋 清二
古橋 清二
司法書士法人中央合同事務所(浜松市中区中央2-12-5)。最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)