私の両親は内縁関係です。亡くなった父の遺言書には「●●(私の名前)が墓守をしろ」と書かれていました。今般、父を追うように母も他界したため、父と同じお墓に母の遺骨を納めようとしたところ、戸籍上の妻とその子らから猛反対を受け困っています。内縁の妻という立場では、父と同じお墓に納骨できないのでしょうか

私の両親は内縁関係です。亡くなった父の遺言書には「●●(私の名前)が墓守をしろ」と書かれていました。今般、父を追うように母も他界したため、父と同じお墓に母の遺骨を納めようとしたところ、戸籍上の妻とその子らから猛反対を受け困っています。内縁の妻という立場では、父と同じお墓に納骨できないのでしょうか

 「墓守」とは、法律上は「墓地使用権」と解釈できます。墓地使用権は、一般の遺産とは異なる祭祀財産に該当します。祭祀財産の承継者は民法という法律で特別の定めが置かれており、通常の相続とは取扱いが異なる点に注意が必要です。

 故人が祭祀財産の承継者を指定した場合、指定を受けた者が祭祀財産を承継することになります(民法897条1項)。遺言書に「●●が墓守をしろ」と記載されていることにより故人の意思が確認できますので、墓地使用権はあなたに帰属しているといえます。

 戸籍上の妻やその子は通常の遺産についてはあなたと同じ相続人となりますが、祭祀承継者ではありませんので、あなたの意向によってお墓にどの遺骨を納めるかを決めることができるのです。あなたのお母さんが内縁の妻であり相続権がないことは、ご質問のケースでは何の影響も受けません。

投稿者プロフィール

中里 功
中里 功
司法書士法人浜松総合事務所(浜松市東区半田山5-39-24)。著書に 「トラブル事案に学ぶ おしゃべり消費者法」、 「司法書士のための会社破産申立ての手引」 などがある。趣味は、テニスと庭の草取り。
最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)