会員専用ページに8月5日の会員特別研修の概要と配布資料を掲載しました。

●平成29年度第2回会員特別研修会●
・日時 平成29年8月5日(土) 午後1時30分~午後5時(受付は午後1時~)
・場所 静岡県司法書士会館 司ホール
第2講 相続関係業務はこう変わる!
~「相続登記の専門家」から「相続の専門家」へ~
(講師)静岡県司法書士会 あかし運営委員会
 本年5月29日より「法定相続情報証明制度」がスタートしました。新制度の導入に伴い、私たち司法書士は相続手続きの初期の段階から相続人との関わりをもつ機会が増加すると考えられます。相続という局面に初めて接し、さまざまな疑問を抱えている依頼者に対し、相続手続き全般の道筋を示し、安心して手続きに取り組めるよう支援することが司法書士への信頼強化につながり、「相続は司法書士!」の認知を深化させるものと考えます。一方、依頼者との関わりが増えることにより、今後司法書士に寄せられる相談は多種多様なものとなっていくはずです。
 相続手続きを受託する際、依頼者にどのように対応したらよいのか、また想定される相談事例とその応答について、あかし運営委員会の委員がリレー方式でご紹介します!
 □生前の医療費・光熱費、火葬・葬儀費用、お布施…これらは「遺産」に該当しますか?
 □不動産の換価分割、遺産分割協議書の条項はどのように記載したらいいですか?
 □遺産分割で代償金条項を定める際、不動産評価額はどのように考えればいいでしょうか?
 □相続時における年金に関する事柄について教えてください。
 □遺産分割をやり直したいのですが何か注意すべき点はありますか?
 □私の財産を公益目的で寄付する遺言をしたいのですがどうしたらいいですか?

資料のダウンロードは会員専用ページからお願いします。

投稿者プロフィール

古橋 清二
古橋 清二
司法書士法人中央合同事務所(浜松市中区中央2-12-5)。最近、農業にはまってい る (本人は「農業」と言っているが、一般的には「家庭菜園」と呼ばれている)。耕運機まで所有するなど、道具は一人前だが野菜のできはイマイチ。本人は、異常気象だとか、土が悪いとか、品種が悪いなどと言って、決して自分の腕が悪いことを認めようとしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)