実家の登記名義が、他界した祖父の名義のままとなっています。祖母は健在ですが、認知症がひどく施設に預けています。長男で祖父母と同居していた父も3年前に他界しました。父と母はだいぶ前に離婚しましたので、実家には父が一人で暮らしていましたが、父の他界した後、近所に住む叔父が「防犯のため」という理由を付けて実家の権利書を持ち出してしまったようです。勝手に叔父に名義変更されないか心配なのですが・・・

実家の登記名義が、他界した祖父の名義のままとなっています。祖母は健在ですが、認知症がひどく施設に預けています。長男で祖父母と同居していた父も3年前に他界しました。父と母はだいぶ前に離婚しましたので、実家には父が一人で暮らしていましたが、父の他界した後、近所に住む叔父が「防犯のため」という理由を付けて実家の権利書を持ち出してしまったようです。勝手に叔父に名義変更されないか心配なのですが・・・ 

 権利書を持っているだけで登記名義の変更ができるわけではありません。

 ご質問のケースでは、「祖父」と「父」のお二人について遺産分割協議をし、その結果を書面にまとめて“関係者”全員が実印を押印し、印鑑証明書も添えて法務局に名義変更の申請をしなければ、登記名義を変更することはできません。

 「祖父」の遺産分割協議について“関係者”とは、は「祖母」と「父」と「父」の兄弟全員です。もっとも、「父」も他界していますので、「父」の相続人であるご質問者とその兄弟全員が、「父」に代わる遺産分割協議の“関係者”となります。

 また、認知症の「祖母」が遺産分割協議をすることはできません。「祖母」のために家庭裁判所で成年後見人を選任してもらうなり、「祖母」が他界した後に改めて協議をするなりせざるを得ませんので、「祖父」の遺産分割協議は簡単には進みそうにないですね。

 以上のとおり、登記名義を変更するには関係する相続人全員の関与が求められますので、ご心配するような事態は生じません。

(文責 中里 功)

投稿者プロフィール

中里 功
中里 功
司法書士法人浜松総合事務所(浜松市東区半田山5-39-24)。著書に 「トラブル事案に学ぶ おしゃべり消費者法」、 「司法書士のための会社破産申立ての手引」 などがある。趣味は、テニスと庭の草取り。
最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)