相続登記や預貯金の払戻しなど相続手続を複数予定しているのですが、相続登記をすると戸籍は返却されませんか

相続登記や預貯金の払戻しなど相続手続を複数予定しているのですが、相続登記をすると戸籍は返却されませんか

 相続登記(名義変更)の際に、原本還付の請求をすれば登記が完了した時点で戸籍は返却されます。しかし、その他の相続手続を予定されている窓口によっては、原本の提出が必要であり戸籍が返却されないことも予想されます。そのため、法定相続情報証明制度のご利用をオススメします。これは戸籍の代わりになるものであり、法務局から無料で複数部発行してもらえます。法定相続情報を発行してもらうためには、事前に手続が必要になりますので、詳しくはこのHP上の「法定相続情報」をご覧になっていただくか、司法書士総合相談センターしずおか(054-289-3704)にお問い合わせください。

投稿者プロフィール

酒井俊季
酒井俊季
司法書士酒井章二事務所(静岡県袋井市旭町二丁目4番地の22)。当事務所には3人の司法書士がおり、遠州三山ほどの歴史があるわけではないですが、 あらゆる相談に丁寧かつ迅速に対応し、魅力溢れる事務所になるよう日々奮闘中でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)