一旦、遺留分に相当する額より少ない内容で遺産分割協議が成立した後で、改めて遺留分を請求することは可能ですか

一旦、遺留分に相当する額より少ない内容で遺産分割協議が成立した後で、改めて遺留分を請求することは可能ですか

 原則としてできません。遺産分割協議をする際に、重要な財産について勘違いがあり、それがその方の過失によらない場合などでなければ、いったん成立した遺産分割協議を撤回することはできません。遺留分は、被相続人の遺言や生前贈与などにより、固有の相続分を害されたときに行使できる権利とされています。従って、自ら遺産分割協議に参加していながら、後になって遺留分を主張することはできません。

投稿者プロフィール

井上尚人
井上尚人
井上尚人司法書士事務所(静岡県三島市東本町1丁目2-6 英光ビルI 206号)。北上中・韮山高・中央大学法学部 卒。日本司法書士会連合会民事法改正対策部部委員などに就任しています。共著で「離婚調停・遺産分割調停の実務」、「わかる!相続法改正」などを執筆しています。あだ名は”ジャンボ”
最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)