父が多額の借金を抱えて亡くなりました。私も生活がありますので、相続放棄をしました。この場合、お墓を継ぐこともできなくなるのでしょうか

父が多額の借金を抱えて亡くなりました。私も生活がありますので、相続放棄をしました。この場合、お墓を継ぐこともできなくなるのでしょうか

  お墓を継ぐことはできます。相続放棄により消滅する相続財産(プラスの財産とマイナスの財産)には祭祀財産は含まれません。そのため、相続放棄をされたことが、お墓を継ぐ権利を放棄したことにはならないため、お墓を継ぐことは可能となります。

父が亡くなりました。相続人は、母と長男である私と妹の長女です。誰が祭祀承継者ですか

父が亡くなりました。相続人は、母と長男である私と妹の長女です。誰が祭祀承継者ですか

 祭祀を主催する者が原則として祭祀継承者として決定されます。法律上、誰が祭祀継承者となるという指定はされていないため、相続人間で話し合い、決定します。

 故人の遺言書や、生前に祭祀継承者としての指名があった場合は、その者が祭祀継承者となるのがふさわしいでしょう。なお、指名がなされなかった場合、一族の慣習や、その地域の慣習により相続人間で相談し、祭祀継承者を決定することも可能です。

 また、故人による指名もなく、話がまとまらない場合は相続人の方が家庭裁判所の審判により、判断をして頂くことが最終的な決定方法となります。