「被相続人の死亡以前に亡くなった子供がいるときは,その子供の死亡年月日を記載すべきでしょうか」に回答しました。

被相続人の死亡以前に亡くなった子供がいるときは,その子供の死亡年月日を記載すべきでしょうか

 代襲相続がある場合(ご質問の場合、被相続人の死亡以前に亡くなった子供に子(被相続人から見れば孫)がいる場合にはその子(孫)が相続人となること。)には、代襲した相続人(孫)の氏名に「代襲者」と併記し、亡くなった子供については「被代襲者(何年何月何日死亡)」と記載する必要があります。この場合、被代襲者の氏名を具体的に記載しても問題ありません。

 一方、代襲相続が無い場合には、法定相続情報一覧図は戸籍等の記載から分かる、被相続人の死亡時点における同順位の相続人(の氏名、生年月日、続柄)を表すものであるため、被相続人の死亡以前に亡くなった子供がいる場合、その子供の氏名、死亡年月日等を記載した法定相続情報一覧図の保管及び写しの交付申出はできません。

「相続人である子供が被相続人の死亡後に亡くなった場合(数次相続の場合)には、その子供の死亡年月日は法定相続情報一覧図に記載すべきでしょうか」に回答しました。

相続人である子供が被相続人の死亡後に亡くなった場合(数次相続の場合)には、その子供の死亡年月日は法定相続情報一覧図に記載すべきでしょうか

 ご質問の場合(数次相続の場合)、死亡した子供の死亡年月日を記載した法定相続情報一覧図の保管及び写しの交付申出はできません。

 法定相続情報一覧図は、戸籍等の記載から分かる、被相続人の死亡時点における同順位の相続人(の氏名、生年月日、続柄)を表すものであるため、ご質問のように被相続人の死亡後に相続人である子供が亡くなった場合(これを数次相続といいます。)、亡くなった子供についての死亡年月日を記載した法定相続情報一覧図の保管及び写しの交付申出はできません。

「相続人に嫡出でない子(結婚していない男女間に生まれた子)がいる場合、法定相続情報一覧図にはどのように記載すべきでしょうか」に回答しました。

相続人に嫡出でない子(結婚していない男女間に生まれた子)がいる場合、法定相続情報一覧図にはどのように記載すべきでしょうか

 相続人が子である場合の続柄は、単に「子」として記載することになります。
 法定相続情報一覧図を図形式にて作成する場合には次の図(法務省HPから引用)のように記載します。嫡出子を示す場合には、両親の関係を表す線を二本線とし、嫡出でない子を示す場合には、両親の関係を表す線を一本線とします。