What’ News バックナンバー 一覧

このページで全ての新着情報をご覧になることができます。

父Aが死亡し、相続人は子供の私Xと弟Yの2名です。遺産分割協議の結果、Aの遺産のうち、AのGに対する1000万円の貸金債権は私が相続することになりました。そこで、私はGに対し1000万円の返還請求をしましたが、Gは全額私が相続したのかどうかわからないと言って500万円しか返還してくれません。私が残り500万円を請求するためにはどうすればよいですか?
従来の寄与分の請求における「特別の寄与」と、特別寄与料における「特別の寄与」とはどのような違いがありますか。
父が亡くなり、相続人は私と兄の2名です。兄が父の生前に、父の預貯金を500万円程使い込んだ事実が判明しました。このため、相続開始時の父の預貯金は300万円しか残っていません。今般、預貯金の仮払いの制度を利用して生活費に充てることを希望していますが、兄が使い込んだ500万円を含めることができますか?
可分債権を遺産分割の対象とすることの可否
自筆証書遺言にパソコンで作成した目録を添付したいのですが、遺言書本文と目録には契印をする必要がありますか
私は、亡くなった父の遺言によりすべての遺産を相続しましたが、今般、弟より、遺留分侵害額請求として500万円の請求を受けました。弟の請求額は妥当ですので金額に争いはありませんが、父の遺産はほとんどが不動産で預貯金がありませんので、500万円の現金を一括で用意することができません。 現金の代わりに、不動産を弟名義とすることはできないのでしょうか?
父Aが死亡し、相続人は子供の私Xと弟Yの2名です。Yは裁判所に相続放棄の申述をし、受理されましたが、甲土地について、まだAからXへの移転登記はしていませんでした。ところが、Yには借金があり、債権者であるKが、甲土地につきXとYに代位して、AからXY名義への相続を原因とする移転登記をしたうえで、Yの持分を差押えてしまいました。 XY名義の所有権登記、差押登記は無効ではないでしょうか。
私の妻が亡父の療養看護に尽くし、父の財産を守ることができました。妻は父の相続人ではありませんが、妻の寄与に対して報いることはできないのでしょうか。
預貯金の仮払い制度を利用して払戻しを受けた預貯金は、生活費に充てることはできませんか?
Aが死亡し、相続人はXとYの2名です。Aは、「甲土地をTに遺贈する」との遺言を残していましたが、甲土地について、まだAからTへの所有権移転登記はしていませんでした。ところが、Yには借金があり、債権者であるKが、甲土地につきXとYに代位して、AからXY名義への相続を原因とする移転登記をしたうえで、Yの持分を差押えてしまいました。 XY名義の所有権登記、差押登記は無効ではないでしょうか。
自筆証書遺言にパソコンで作成した目録を添付したいのですが、目録は表裏印刷でもいいですか
改正民法の施行により、従来の遺留分減殺請求はどのように変更が生じたのですか?
父Aが死亡し、相続人は子供の私Xと弟Yの2名です。Aは、「甲土地をXに相続させる」との遺言を残していました。甲土地について、まだAからXへの移転登記はしていませんでした。ところが、Yには借金があり、債権者であるKが、甲土地につきXとYに代位して、AからXY名義への相続を原因とする所有権移転登記をしたうえで、Yの持分を差押えてしまいました。XY名義の所有権登記、差押登記は無効ではないでしょうか。
相続人以外の者が被相続人の財産の維持や増加に特別の寄与をした場合、どのような者でも特別寄与者として特別寄与料を請求できるのですか。
相続人の一人が、相続開始後に勝手に預貯金を引き出して使ってしまいました。今後、遺産分割協議を進めるにあたり、使われてしまった預貯金についてはどのように対応すればよいですか?
父Aが死亡し、相続人は子供の私Xと弟Yの2名です。Aは、「Xの相続分を3分の2、Yの相続分を3分の1とする」との遺言を残していました。この遺言をもとにXは甲土地全てを含む遺産の3分の2を、Yが預貯金から残りの3分の1を相続することになりました。甲土地について、まだAからXへの所有権移転登記はしていませんでした。 ところが、Yには借金があり、債権者であるKが、甲土地につきXとYに代位して、AからXY名義への相続を原因とする所有権移転登記をしたうえで、Yの持分を差押えてしまいました。XY名義の所有権登記、差押登記は無効ではないでしょうか。
新刊「相続実務必携」の特別割引申込書がダウンロードできるようになりました!
遺言の文書が短いので一頁の自筆証書遺言に財産目録を入れることはできますか
預貯金の仮払い制度を利用して葬儀費用を支払う予定ですが、他の相続人の同意は必要ですか?
父Aが死亡し、相続人は子供の私Xと弟Yの2名です。私はYと遺産分割協議をし、Aの遺産である甲土地は私が相続することになりましたが、まだAから私への所有権移転登記はしていませんでした。 ところが、Yには借金があり、債権者であるKが、甲土地につき私とYに代位して、AからXY名義への相続を原因とする所有権移転登記をしたうえで、Yの持分を差押えてしまいました。XY名義の所有権登記、差押登記は無効ではないでしょうか。
私はAの相続人ではありませんが親族であり、Aの生前にAの療養看護に尽くし、Aの財産維持に特別の寄与をしたと思っています。そこで、相続に際し金銭の請求をしたいと考えていますが、何か方法はありますか。
父が危篤状態となりました。葬儀費用のため、まとまったお金を今のうちに銀行口座から出金しておくことは可能ですか?
平成30年相続法改正により、相続による権利の承継について、法定相続分を超える部分は対抗要件を備えなければ第三者に対抗できないこととされました。これまでは、包括承継については登記なくして第三者に対抗することができたと思うのですが、どうしてこのような改正がされたのでしょうか。
自筆証書遺言の作成方法を教えて下さい
妻に住宅を生前贈与しようと思っています。税務上の特例があることは承知していますが、ほかに注意する点はありますか?
「民法918条2項にもとづく相続財産管理人の活用(実践編)」が「市民と法」に掲載されました。
「市民と法」に「福祉分野の民事信託契約の条項例と作成上の留意点」も掲載
「市民と法」に「民法918条2項に基づく財産管理人の活用(理論編)」が掲載されました。
以前に作成した自筆証書遺言の保管申請をしたいが、現在は自書ができなくても保管制度は利用できるでしょうか。
相続法改正の掲示板を作りました。どなたでも投稿可能です。是非ご利用ください。

続きを見る